忍者ブログ

jiduiius

私は胸を痛めた

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

私は胸を痛めた

あなたがいた情をじっと见,仆の世界はもはや寒霜を失い、あなたはどんな、私はしたいと思います貸款顧問

心が痛い、知っている感情はいつも両面の刃,ものではないことを伤つけ(损ね)てひとりだった。でも蝶に、情が怪我をし、われわれはそんなにも少なくて、ただ1人の梦、ひとつの梦をします!どうして春ならば短く、想いは長いのは
化蝶の勇気と知らなかっと同じ悲壮だと言って、私はずっと後悔した。ただ、どうして私たちを紛失した爱だ邊個補數學好

ないのではなく、なくなって、蝶は、ずっと、ずっと、ただの一度も爱をよけます。ただ霧の中には、霧の中に惚れたあなたの目を見た。
沙熔けた目が泣いて、霧の中に魅せられた眼で、あなたは泣いてた?蝶!
蝶はしない、涙を流すと、私は胸を痛めた。私はまだここでソロ、ここでソロ舞台だ。かつて胸の痛みを弾ませて、私は知っていてはそうではない
ひもじさだった。ただ霧の中には、霧の中に惚れたあなたの目を見た。あなたは、私の心に私の気持ちはずっとあなたのために燃えていた。

孤独のソロにはもはや、春うららか;ソロは悲しげに、恨みの姿は、旋回し、虚しい心境一ふしわれだった。

会いたいには天にいつものところで、)√」あなた乗り回しの花があなたのために芳しさを、1匹が蝶はあなたのために歌う。
誰かが分かる蝶の歌唱しても、必ず酔、その乗り回し春光だった。あの乗り回し春光のに、あなたのために一本道を見ていた。だら、あなたはまた来てくれるだろうかUnique Beauty 好唔好
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R