忍者ブログ

jiduiius

は履かない

それに男の黒い瞳がつくしの顔に注がれているのは感じていた。だからこそ、黙っていることが最善のように思えてい鑽石能量水系統 た。

あのときはただひたすら時間が早く過ぎればいい。早く目的地の医務室に着けばいいのにとそればかりを願っていた。

抱きかかえられた瞬間、男からいい香が漂ってきて、その香りに思わずクラリときそうになっていた。セクシーで、スパイシーで、どこか深みのあるその香り。もしこの男が香水の広告に出ていたとしたら、どん鑽石能量水系統なCMになったかと考えてしまっていた。



裸で、一糸纏わぬ姿でベッドに横たわって・・腰から下だけをシーツで隠して・・カメラはその男を上から写している・・・。目線は挑戦的なアングルで下からカメラを見上げる感じがいいかもしれない。
いや、もっと別のスタイルがいいかもしれない。あの長身を生かしたい。やはり上半身は裸で少しだけボクサーブリーフの淵が見えるくらいスラックスを下ろして、片手はスラックスのウエスト部分に添えられていて、今にも脱ぎそうな雰囲気で・・・


「牧野主任!!なにボケっとしてるんですかっ!心配したんですよ?電話をかけて来るなんて言ってそれっきり戻ってこないんですから!オリエンテーションは始まっちゃうし・・」

道明寺ビルの医務室にいると連絡をしたのはオリエンテーションが終わってからだった。電話を受けた紺野は慌てて医務室まで来ると、帰りはタクシーですね。と言って腫れた足首を庇うようにゆっくりと歩くつくしの荷物を持っていた。

診察してくれた医師からは、足首の腫鑽石能量水系統れは3日もすれば治りますよと言われ、胸を撫で下ろしていた。そして暫くは踵の高い靴は履かないようにと念を押されたが、勿論だと頷いていた。


「悪かったわね。エレベーターの前で転んじゃったのよ」
事実だけを淡々と話していた。
「主任。また無理して高いヒールの靴を履いたからじゃないですか?いくら男が多い環境だからといって無理して背を高く見せる必要はないんですからね!それとも、もう足腰が弱くなったとか?」

新入社員で入ってまだ2年しかたってない部下にからかわれるのは、いつものことだった。
それに最近の若い子はずけずけと物を言う。口の利き方がなってないというのか、礼儀を知らないというのか、どちらにしてもそんな若い後輩を育てていく立場でもあるのだから仕方がなかった。

「うるさいわね。あたしの歳で足腰が弱くなったら困るでしょ?」
「そうですよね?主任はまだ33でしたよね?今からそんなことになったら男を追っかけて行くなんてことが出来ないですよね?あ、それとも男から逃げるんでしたっけ?主任は足が速いって有名ですものね?それにいつだったかタクシーに荷物忘れて、走って追っかけたって話し知ってますよ?あの話、有名ですからねぇ」
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R