忍者ブログ

jiduiius

自分は全世界。

夜のことが好きになった私みたいな意志の人であった。
静かな夜、だけで孤独な人间から静かに自己ずれていた。子どものように単純おめでとうございます。
さんは、自分の世界で、自分は全世界。
1首の歌を闻いて暖かい自己。一人の人间の発见。これは一体慰めにもそうであり、无限の冷ややかな反応を呼んだ。探して気違いみたいで、体の間連(キョンギド・グァンミョンシだった。
私は自分に教えて、縋るように言って極まりなかっの記憶であれば、何かが散る。屈託の充満していたわけではなく、ただ心残りなもので穢れがある。
と思うだけで、泣いてたとき、やっと、自身だった。
【哀マレーの仕方ないです。】
泣いては私の特技を否定できない。
私もせまる自分には彼らの言葉のようにしなければならない强靱に人の悲しみを共有している。
谁がまた、と思いました氤氲目頭が熱くなっているのは、悲しみと液体が、仆は毎回かみしめる人差し指の外の階の皮、生理的な治癒は绝対よりを悲しませている。
あのけち抑制に対する失望感が生じたとき、私は一番闻くに堪えないを表す言叶が心の中では次々と暴言したことがある。
泣く时は时々は一人きりになった。でも、心はを考えていてね。誰がが現れて、何も言わず、ただ私を呼び込むに抱かれている。
は、一人のハグするのはいい。これは私で、すでにあたたかいです。
【絶望の中での孤独を救おうと話していた。
いつを知らないで、私を信じた孤独のこのようなものが伝染した。
しかし私は知っていたが何时の间に、私はもうに感染し、深く堕落のこのようなものだと発表した。
アンネはもっぱら感情は他の子供や退屈さが、真の品种だ。
私にとって、孤独に限られるより知恵を絞らなければならない。そう先日まで感じたの症状を見せてからが信じられない。
私は1人の患者だ。から私は、どちらかと。他人から私はどんなにの怪奇である。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R